プロモーションが含まれる場合があります ツール

COMPASSで、検索ボリュームを表示させる方法【6ステップ】キーワード選定と使い方

2023年2月12日

コンパスに検索ボリュームを表示させる
質問

SEOツールのCOMPASS(コンパス)で、Google検索ボリュームを表示させる方法を教えてください。

実はCOMPASSは、Googleキーワードプランナーの検索ボリュームが取り込めます。

Googleの月間検索ボリュームと連動できる
Googleの月間検索ボリュームと連動できる

COMPASSにデータを取り込むことで「ボリュームが大きく、稼ぎやすいキーワード」が可視化できます。

そこで、この記事では、Googleキーワードプランナーのデータを、COMPASSと連動させる手順を紹介します。

この記事を読めば、キーワードプランナーの使い方がわかり、競合と差別化できる記事タイトルを作成できます。

2024年5月1日の情報です。

登場人物
登場人物

Googleキーワードプランナーとは?【検索ボリューム】

キーワードプランナーはGoogle広告のツール
Google広告用の無料ツール

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供する無料ツール。特定のキーワードに対する検索数競合度合い、関連キーワードの提案、広告掲載における見積もりやランキングの予測など、様々な情報を提供してくれます。

これらの情報を活用して、より効果的なキーワード選定や広告配信を行うことができます。

Googleは膨大なデータを保有しており、そのデータは無制限で利用することができます。

キーワードプランナーでできること

  • キーワードごとの月間検索数
  • 平均CPC(クリック単価)
  • 広告配信のシュミレーション

ただし、キーワードプランナーを使うためには、Googleアカウントを作成し、Google広告に登録する必要があります。

登録方法は簡単ですので、以下で説明します。

コンパスに検索ボリュームを表示させる手順【キーワード選定】

COMPASSにCSVをアップロードする
COMPASSにCSVをアップロードする

ここからは、検索ボリュームをCOMPASS(キーワードスカウターST)に反映させる手順を記載します。

調べたいキーワードが決まっていれば21秒で終わります。

  1. Googleアカウントを作成(持っていたら不要)
  2. Google広告のURLをクリック(5秒で終わります)
  3. ビジネス情報の確認(10秒で終わります)
  4. キーワード選定
  5. CSVをダウンロード(1秒で終わります)
  6. COMPASS(キーワードスカウターST)にアップロード(5秒)

順番に解説します。

Googleアカウントを作成(持っていたら不要)

Googleアカウント作成orログイン
Googleアカウント作成orログイン

ますは、Googleアカウント作成、またはログイン。

新規で登録する場合、クレジットカードの登録は不要です。

Google広告のURLをクリック(5秒で終わります)

-キーワードプランナーで検索
「キーワードプランナー」でGoogle検索

「キーワードプランナー」でGoogle検索。

Googleにログインした状態で、以下リンクをクリック。

Googleキーワードプランナー

キーワードプランナーにログイン
キーワードプランナーにログイン

「キーワードプランナーに移動」をクリック。

ビジネス情報の確認(10秒で終わります)

キーワードプランナーに登録
キーワードプランナーに登録

①ビジネス情報を入力して、②送信。

①はデフォルトのままで問題ないです。

キーワードプランナー登録完了
キーワードプランナー登録完了

キーワードプランナーの登録が完了しました。

キーワード選定

キーワードプランナーはGoogle広告のツール
Google広告トップ

Google広告トップページへ。

Google広告:画面右上から「キーワードプランナー」を選択
Google広告:画面右上から「キーワードプランナー」を選択

Google広告の管理画面右上「ツールと設定」をクリックすると、メニューが開きます。

「キーワードプランナー」を選択。

新しいキーワードを見つける
新しいキーワードを見つける

①「新しいキーワードを見つける」をクリック。

キーワードの探し方(2つの方法)

キーワードの探し方は、2つあります。

  1. キーワードから開始
  2. ウエブサイトから開始

それぞれ解説します。

キーワードから開始
キーワードの探し方①
キーワードから開始

1つめは、フリーワードで探す方法です。

SEO上位を狙いたいキーワードが決まっている場合は、こちらがおすすめ。

  1. キーワードから開始
  2. キーワードを入力
  3. 結果を表示

ウェブサイトから開始

キーワードプランナー:ウェブサイトから開始
キーワードプランナー:ウェブサイトから開始

2つめは、URLからキーワードを抽出する方法です。

まだ上位表示したいキーワードが決まっておらずぼやっとしている場合、売りたい商品のURLを入れることでGoogleAIが関連キーワードを取得してくれます。

  1. ウエブサイトから開始
  2. URLを入力
  3. 結果を表示

CSVをダウンロード(1秒で終わります)

キーワードの探し方②
キーワードの探し方②

キーワード一覧が表示されるので、①から、CSVをダウンロードします。

Googleキーワードプランナーの作業は、ここで終了です。

続いて、CSVファイルを、COMPASS(キーワードプランナーST)にアップロードします。

COMPASS(キーワードスカウターST)にアップロード(5秒)

CSVをUP
CSVをUP

GoogleキーワードプランナーからダウンロードしたCSVを、COMPASSにアップロードします。

CSVは、キーワードプランナーからダウンロードした状態で、アップロードOKです。

  1. COMPASS「CSV」タブを選択
  2. CSVファイルを選択
  3. 開く
取り込み完了
読み込み完了

CSVの読み込みが終了しました。

ブルーオーシャンキーワードを見つかる
ブルーオーシャンキーワードが見つかりました

キーワードプランナーで出したキーワードが、①に反映されます。

  1. ②「検索開始」をクリック
  2. ③稼げるキーワード(ブルーオーシャンキーワード)が見つかりました。

intitle、allintitleの比率が大きく、競合ドメインが弱いお宝キーワードは「コンパス アフィリエイト」キーワードでした。

intitle、allintitle分析は、以下記事で詳細を記載しております。

お宝キーワードを数値で選定できる【まとめ】

まとめ:誰も知らない「お宝キーワード」が見つかります
まとめ:誰も知らない「お宝キーワード」が見つかります

まとめです。

COMPASSとキーワードスカウターSTは、キーワードプランナーの検索ボリューム数値を取り込めます。

取り込むことで、売れるキーワードが数値で判断できるようになります。

結果的に、

  • 競合が書けない記事が書ける
  • 無駄のないリライトができる
  • 土日の作業だけでも、月5万円稼げる

といった効果が得られます。

Googleキーワードプランナーは、無料で使えるので、利用制限はありません。仕事でも利用できるので、会社からの評価があがり、一石二鳥です。

毎月10万稼げて昇格もできる。それって、とっても良くないですか?

COMPASSで検索順位を上げる8つの手順~SEOツール

  • この記事を書いた人
筆者のプロフィール画像

やたろう

2020年4月からブログしてます。平日はサラリーマン、土日にブログしてます。実体験をもとに記事を書いています。仕事は上場企業でWeb広告のコンサルしてます。2021年8月にSEO検定1級を取得。

-ツール