プロモーションが含まれる場合があります ツール 記事タイトル

TDHリライトのやり方【10分でできるSEO対策】記事タイトル、Description、記事の見出し

2023年3月28日

SEOを上げるリライトのやり方
質問

リライトが苦痛です。簡単に検索順位を上げる方法があれば教えてください。

頑張って記事を書いたのに、1円も稼げないと、心が折れますよね…

やたろう

わたしも、ブログ1年目はアドセンス広告しか稼げず、挫折の一歩手前でした。

もし、リライトだけで検索順位を上げる方法があったら知りたいですよね?

そんなひとにオススメなのがTHDリライトです。10分で効果的なリライトができます。

そこでこの記事は、TDHリライト詳細をご紹介します。この記事を読んでいただくことで、3か月で収益化ができます。

TDHリライトで、検索順位が9位改善
TDHリライト:10日で検索順位が9位改善
やたろう

10日で検索順位が9位改善しました。

2024年5月1日の情報です。

登場人物
登場人物

企業が狙わないお宝キーワードが見つかる

COMPASSを購入する(公式)

たった8,778円(込)で一生使える。最新アップデート&サポート付き。

ブログのリライトとは?【定義】

ブログにおけるリライト
ブログにおけるリライトとは?

リライトとは、既存記事のコンテンツを書き直すことです。ユーザーの検索意図をより満たすことで、コンテンツの品質を向上させ、検索順位を上げることができます。

リライトをするメリットは、工数をかけずに検索順位をあげられること。

既存のコンテンツを再利用するため、新しいコンテンツを作成するよりも効率的であり、時間も短縮できます。

3か所見直すだけ!SEOに効果的なTDHリライト法とは?

TDHリライト法(造語)
TDHリライト法(造語)

リライトって、けっこう時間がかかりますよね。

1記事あたりのリライトに、1時間以上かかることもザラです。しかも、リライトしたらといって、確実に検索順位が上がる保証もありません。

やたろう

決められた手順もがないので辛いです…

そんな人におすすめなリライト方法が、TDHリライトです。

TDHとは、

  • Title(タイトル)
  • Heading(H2とか見出し)
  • Description(ディスクリプション)

を指します。

TDHの修正は、SEO対策で有効です。

なぜなら、検索結果に表示される要素たからです。

TDHの詳細
TDHの詳細

TDHリライトは、クリック率にダイレクトに反映されるので、検索順位が上がりやすいです。

THDの見直しだけなら、1記事あたり10分もあれば終わります。そのため、リライトの時間すらとれないサラリーマンでもできます。

おくさん

でも、どうやってリライトすればいいの?

TDHの見直しには、intitle、allintitle分析が有効です。

なぜなら、需要が多く競合が少ない「お宝キーワード」が見つかるからです。

既存のキーワードとお宝キーワードを入れ替えれば、検索順位があがります。

Google検索で「Intitle件数、Allintitle件数」を出す方法

intitle、allintitle分析のやり方は、Google検索窓に特殊コマンド「intitle:〇〇」「allintitle:〇〇」と入力するだけ(〇は狙っているキーワード)。

「intitle:焼き肉 安い店」→記事タイトルに「焼き肉 安い店」どちらかのキーワードを含むページ数を表示

「allintitle:焼き肉 安い店」→記事タイトルに「焼き肉 安い店」両方キーワードを含むページ数を表示

intitle、allintitle数の比率が少ないキーワードが、ブルーオーシャンキーワードとなります。

詳細は、以下記事にまとめております。

「intitle・allintitle」の違い、使い方を解説

おくさん

でも、1キーワードずつ分析するの??時間かかりそう…

1キーワードづつ調べていたた、日が暮れてしまいますね。

そんなときにオススメなのが、COMPASS(コンパス)とキーワードスカウターST。ワンクリックだけでintitle、allintitle分析ができます。

やり方は、

  • 狙っているキーワードを出す
  • 検索ボリュームが大きいキーワードに絞る
  • 分析

たったこれだけ。

コンパス:intitle、allintitle分析のサンプル

分析している間は、別の作業をしたり、コーヒータイムでもいかがでしょうか。

上位表示されるコンテンツとは?【THD以外のリライト】

検索順位をあげるリライトのコツ
検索順位をあげるコンテンツ

ここからは、THD以外のリライトも紹介します。

検索順位で上位表示されるコンテンツは、ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツです。

しかし、Googleロボットは「満たされた」という人の感情までは理解できません。

そのため、以下要素から、検索意図を満たしたと判断しております。

例えば、

  • コンテンツの品質
  • キーワードの使用頻度
  • 被リンク数
  • 被リンクの質
  • ユーザーのクリック率

などが、SEOにかかわる重要な要素となります。

やたろう

SEO検定1級にも出題されてました。

これらの要素を、ブラッシュアップしていくことで、検索順位が上がります

E-E-A-Tとは?

2023年のSEOは、コンテンツの品質がますます重要視されてます。特に注目されているのが、「E-E-A-T」と呼ばれる概念。

E-E-A-Tとは、Googleが提唱している4つの要素です。

  • 経験・体験(Experience)
  • 専門性 (Expertise)
  • 権威性 (Authoritativeness)
  • 信頼性 (Trustworthiness)

E-E-A-Tは、Googleの検索品質評価ガイドラインにおいて「ページ品質評価の最重要項目」と定義されております。

そのため、これからリライトをする場合、最も重要視するべき評価基準と言えます。

ブログでリライトすべき記事を選ぶ3つのポイント【SEO対策】

リライトする記事を選ぶ方法
リライトする記事を選ぶ方法

リライトする記事は、優先順位をつけることが大切です。

なぜなら、ブログに終わりがないからです。

例えば、

  • デザイン
  • 新しい記事作成
  • SNS運用

施策は尽きません。新しいことが生まれ、消えていきます。だから、時間のたりない人は、優先順位を決めてリライトすることが重要です。

ここでは、ブログでリライトすべき記事を選ぶポイントを3つ紹介します。

  • 検索順位7位~20位を優先する
  • 情報が古くなっている記事
  • 読みにくい記事

それぞれ解説します。

検索順位7位~20位を優先する

リライトすべき記事の1つ目は、検索順位が7位~20位をさまよっている記事です。

検索順位が7位~20位の記事は、Googleからある程度の評価は受けているものの、今一歩のところで上位表示できないでいる「おしい記事」です。だから、THDをリライトするだけでも、上位表示できる可能性があります。

情報が古くなっている記事

リライトすべき記事の2つ目は、情報が古い記事です。

なぜなら、Googleのフレッシュネスアルゴリズムが働いているからです。

フレッシュネスアルゴリズムとは「最新の情報が掲載されているページを上位表示させるアルゴリズム」です。

Google ロボットは「ユーザーが最新の情報を求めていると判断したKW」に関して、より最新の情報が掲載されているページを上位表示しようと働きます。これは、実際にGoogleが公言しており、利用されているアルゴリズムです。

特に、テクノロジーが常に進化しているビジネス分野(web業界、人工知能など)では、情報が古くなるスピードが非常に早いです。定期的に記事を更新する必要があります。

読みにくい記事

リライトすべき記事の3つめは、読みにくい記事です。

なぜなら、読みにくいと読者にストレスを与えるからです。

例えば、急ぎ解決したい問題があったとき。意味がわからない文章をみると、イライラしますよね?急いでいるので当然です。

ページ滞在時間がSEOに影響することは、聞いたことあるでしょう。

リライトすることで、より読みやすく、わかりやすい記事にすることができます。結果的に、サイト滞在時間が伸びて、SEOで有利に働きます。

リライト後は効果計測を実施【検索順位チェック】

リライト後は数値計測して改善する
リライト後は数値計測して改善する

リライト実施後は、検索順位チェックツールで効果を計測することが重要です。

なぜなら、リライトの成果を確認する方法は、検索順位チェックツール以外では見つけられないからです。

検索順位チェックツールで、毎日検索順位を記録することで、リライトの成果がわかります。リライト内容を横展開すれば、サイト全体の検索順位があがります。

効果計測吸う方法は、

  • GRC(ジーアールシー)
  • ランクトラッカー
  • COMPASS(コンパス)

があります。

キーワード選定ツールを選ぶ3つのポイント

個人的には、当記事で紹介したコンパスがおすすめ。インタイトル分析と競合分析もできるので、1つのツールでSEO対策ができます。

しかも、COMPASS(コンパス)は買い切りなので、使えば使うほどお得になります。

実体験レビュー!COMPASSの5つのデメリット

TDHリライトなら、時間のないサラリーマンでもSEO対策できる【まとめ】

TDHリライトで、検索順位が9位改善
TDHリライト:10日で検索順位が9位改善

まとめです。

SEOに効果があるリライト方法は、THDリライトです。たった3か所リライトするだけで、検索順位があがります。

THDリライト法を実践することで、結果的に、

  • 1記事10分でリライトできる
  • フレッシュネス対策が簡単にできる
  • 時間がなくてもリライトできる

といったメリットを得られます。

TDHリライトには、COMPASS(コンパス)またはキーワードスカウターSTを使うことをおすすめします。お宝キーワードがわかるので、短時間で大きな成果を出すことができます。

【検索順位を上げる10の手順】ブログ記事タイトルの決め方

  • この記事を書いた人
筆者のプロフィール画像

やたろう

2020年4月からブログしてます。平日はサラリーマン、土日にブログしてます。実体験をもとに記事を書いています。仕事は上場企業でWeb広告のコンサルしてます。2021年8月にSEO検定1級を取得。

-ツール, 記事タイトル