プロモーションが含まれる場合があります ツール

intitle・allintitleの使い方【売れるキーワード選定】弱者の戦略

2023年2月13日

intitle、allintitleの使い方
質問

COMPASS&キーワードスカウターSTの項目にある「in title」「all in title」ってなんですか?使い方を教えてください。

intitle(インタイトル)allintitle(オールインタイトル)は、Google検索で使用できる特殊コマンドと呼ばれるものです。

コマンドを検索エンジンで使うと、企業も知らないSEO対策ができます。

この記事では、「intitle」と「allintitle」の使い方を紹介します。この記事を読むことで、企業ドメインにSEOで勝つことができます。

10日で19位改善
10日で19位改善
やたろう

「intitle・allintitle分析」を使うと、検索順位があがります。たった10日で、19位も検索順位があがりました。

2024年7月1日の情報です。

登場人物
登場人物

【まずは前提】Google検索の特殊コマンド

Google検索で使う特殊コマンド
Google検索で使う特殊コマンド

結論「intitle」「allintitle」は、GoogleやYahoo検索で使える特殊コマンドです。

特殊コマンドとは、検索エンジンで使える機能です。

項目機能使い方
””キーワードと完全一致するWebページを検索”ビジネス オススメ 書籍”
site:特定のWebサイトに限定して検索を行いたいsite: http:/google.com/
OR2つ以上のキーワードのあいだに「OR」と入れて検索すると、どちらかの言葉に関連する結果が表示される犬 OR 猫
AND2つ以上のキーワードのあいだに「AND」と入れて検索すると、両キーワードに関するページがひょじ犬 AND 猫
-指定したキーワードを検索結果から除外-猫
特殊コマンド一覧

よく使う特殊コマンドは、完全一致検索です。

例えば「アイフォン13」が欲しいとき、Google検索したら「アイフォン14の記事」が出ることありますよね。そんなときに、ダブルクォーテーションで囲い「"iPhone13"」と検索すると「完全一致検索」できます。

「in title」「all in title」も、同じGoogle検索特殊コマンドです。

intitle、allintitleの使い方【売れるキーワード選定】

Google検索「Intitle件数、Allintitle件数」の使い方

ここからは「intitle」と「allintitle」の概念と使い方を紹介します。

「in title」とは?
「in title」とは?

intitle(インタイトル)とは「狙っているキーワードフレーズ」が、1つでも記事タイトル内に含まれている数です(上記画像参照)。

例えば「ビジネス オススメ 書籍」の場合、3フレーズのいずれか記事タイトルに含まれている記事数が、intitle(インタイトル)数です。

Google検索バーに「intitle:ビジネス オススメ 書籍」と入力すると、926,000件表示されてます。

「all in title」とは?
「all in title」とは?

一方、allintitle(オールインタイトル)は「狙っているキーワードの全て」が、記事タイトルに含まれている記事タイトル数です(上記画像参照)。

例えば、狙ってるキーワードが「ビジネス オススメ 書籍」の場合、3フレーズすべてが記事タイトルに含まれている記事数がallintitle(オールインタイトル)です。

Google検索バーに「allintitle:ビジネス オススメ 書籍」と入力すると、208件とでています。

やたろう

3フレーズの一致が条件なので、intitle(インタイトル)よりも数は少なくなります。

記事を書くとき「ビジネス オススメ 書籍」以外にも迷うキーワードってありますよね?例えば「ビジネス オススメ本 ランキング」「ビジネス 人気 書籍」などです。

そんなとき、intitle(インタイトル)allintitle(オールインタイトル)で各キーワードを分析をすると、明確にわかります。

キーワードintitle件数allintitle件数判断
ビジネス オススメ 書籍926,000208競合多い
ビジネス オススメ本 ランキング3670009競合少ない
ビジネス 人気 書籍182,0008競合少ない
「intitle・allintitle」の表示結果まとめ

まとめ表からわかることは「ビジネス本」の記事を書くときは「ビジネス オススメ 書籍」よりも「ビジネス 人気 書籍」のほうが、検索順位があがりやすい、ということです。

「all in title」が小さいことは、同キーワード記事が少ない証拠
「all in title」が小さいことは、同キーワード記事が少ない証拠

なぜなら「intitle件数、allintitle件数」の比率が大きいからです。

比率が大きいほうが競合が少ないため「ブルーオーシャンキーワード」と判断できます。

やたろう

簡単にいうと、需要が多く、供給が少ないキーワードです。

「intitle・allintitle分析」は企業のSEO担当者も知らないことがあるため、ブログ初心者でもSEOで勝てます

COMPASS(コンパス)なら自動で分析できる

おくさん

でもGoogle検索から「in title」「all in title」調査するの、時間かかりそうね。

「in title」「all in title」分析のデメリットは、時間がかかること。

1キーワード1分と仮定した場合、100キーワードで100分かかります。

やたろう

Google検索で分析してたら日が暮れます。

そんなときは「COMPASS」「キーワードスカウターST」 がおすすめ。

なぜなら「in title」「all in title」分析が、ワンクリック(1秒)でできるツールだからです。

コンパス:intitle、allintitle分析のサンプル
画像compass

rakko-keywordウーバーサジェストキーワードプランナーセムラッシュエイチレフスミエルカキーワードファインダー
ツール名COMPASSキーワードスカウターSTラッコキーワードウーバーサジェスト(無料版)キーワードプランナーSemrush
セムラッシュ
エイチレフスミエルカキーワードファインダー
料金(込)8,778円(買切り)5,478円(買切)0円0円0円$119.9512,500円~/月
ライトコース
150,000円/月50,000円~/月
スタンダード
intitle、allintitle分析不可不可不可不可不可不可不可
キーワード提案
被リンク調査不可不可不可不可
ドメインパワー調査不可不可不可不可
サジェスト調査不可不可不可
検索ボリューム不可不可
SEO難易度調査不可不可不可不可
Moz連携不可不可不可不可不可不可不可
お試し不可不可14日間7日間3日間7日間
サポートありありなしなしなしありありありあり
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
キーワード選定ツールのおすすめ

「in title」「all in title」分析ができるツールは、コンパスト、キーワードスカウターSTだけです。

ブルーオーシャンキーワードを自動で抽出
ブルーオーシャンキーワードを自動で抽出

COMPASS(コンパス)を使えば、1キーワードでも1,000キーワードでも、1クリックで分析可能です。空いた時間は、別記事を書いたり、コーヒーブレイクに充てることができます。

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

お宝キーワードであるか、数値で判断できる【まとめ】

自分でできるSEO対策
まとめ:自分でできるSEO対策

まとめです。

「intitle・allintitle」分析は、お宝キーワードが数値でわかります。分析後してから記事を書くことで、

  • 企業サイトより上位表示できる
  • 迷わずリライトできて、時間の節約ができる
  • 土日だけで月5万円稼げるようになる

といったメリットを得られます。

キーワードスカウターSTとCOMPASSは「in title」「all in title」を自動で調べるツールです。

ワンクリックでお宝キーワードがわかるちょっとズルいツールです。

キーワードスカウターST:最新バージョン(最新版1.0.3.1)がリリース 2023/10/18
キーワードスカウターST:最新バージョン(最新版1.0.3.1)がリリース 2023/10/18
COMPASS:最新バージョン(最新版1.5.4)がリリース 2023/10/08
COMPASS:最新バージョン(最新版1.5.4)がリリース 2023/10/08

しかも、両ツール買い切り。一度買えば一生モノです無料サポート、無料アップデートも対応してます。

Ahrefs(エイチレフス)などの有料SEOツールみたいに、月1万円以上払う必要はありません。

とってもお得だと思いませんか?

COMPASSで検索順位を上げる8つの手順~SEOツール

  • この記事を書いた人
筆者のプロフィール画像

やたろう

2020年4月からブログしてます。平日はサラリーマン、土日にブログしてます。実体験をもとに記事を書いています。仕事は上場企業でWeb広告のコンサルしてます。2021年8月にSEO検定1級を取得。

-ツール